トップページ > ふと年齢を意識することってありません

スキンケアでお肌の管理日誌

フレーム上

ふと年齢を意識することってありません

ふと年齢を意識することってありませんか。私が経験したのは20代後半のときです。あるとき鏡を見てあぜんとしました。飲みにも誘われないようなお疲れ顔だったからです。
元々笑いシワはあったのですが目尻がなんだかシオシオしていて、テカリと乾燥もひどくて、疲労キターッと思いました。


ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。
スキンケアの時間や費用って、純粋にあなたのためのものです。



スキンケアは大事なことですから省いてはいけない、自分だからこそできるケアなんです。



ハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと思いました。こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。



肌荒れ防止の為には、顔を洗い終わったら、即座に化粧水などを使って保湿をします。
何を肌につけるのかは、肌質によっても違ってきますし、体調によっても違ってくるでしょう。

毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌の状態をよく確かめてちょうだい。


日常的に多彩な保湿商品をつけると、肌が本来持っている保湿機能が低下してしまいます。

愛好家の多いcoffeeや紅茶、緑茶などに多くふくまれる成分であるカフェインは、シミの一因になるとも言われています。広範囲にシミを広げたりすることもある上に、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。
それに、緑茶にふくまれる成分であるタンニン(植物成分で水溶液には鞣皮性があるといわれており、皮なめし剤などに使われています)もお肌のシミを悪化指せやすい成分なので、これ以上はシミを増やしたくない方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。肌に出来る小皺はなぜできるのでしょう。



色々ありますが、乾燥は、ぜったい無視できないところでしょう。真冬は持ちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。



真冬以外は忘れがちになりますので、スキを造らないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。
軽いところでは間違いトタイプの化粧水でときどき肌を潤してあげると、脂質と水分のバランスがとれてよいでしょう。

また、汗をかいたら体の中だけでなく肌にも水分と脂質を補充するなど、充分な保湿を行ってください。


お肌の悩みと言えば、シミが多いことです。

紫外線による日焼けや加齢などで、メラニン色素が沈着するという原因で、シミのせいで実年齢以上により上に老けている悪印象を周囲の人に与えてしまうようです。その上、顔に出てしまうと気になって仕方がありませんが、肌の手入れで予防することもできますし、シミができてしまっても、消す方法があります。


この頃では、オールインワン化粧品が十分に定着しましたね。

中で、エイジングケアを扱ったオールインワン化粧品には、努力をしているようです。配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸(1940年代に、競走馬の治療に使われたことがきっかけで、人の医療などにも使われるようになったのだとか)、セラミドといわれる保湿と結びつくものが目立って見られますが、アスタキサンチンが目を引いていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品が多くなってきています。



くすみが目立つ大きな原因として、砂糖など糖分摂取の過剰があげられるでしょう。



お菓子など、甘いものをたくさん食べているとどんな化粧品を使っていてもお肌がくすんで、黄ぐすみ状態になることがあるでしょう。

コラーゲンと糖が結合し、はたらきが弱まっていると考えられます。


コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンの糖化と考えましょう。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてちょうだい。

体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。以前、雑誌で話題になっていたダイエット(ファスティング)して、サイズダウンに成功しました。
でも気になることもあるんです。リバウンドしないよう気をつけて、運動して睡眠持とっていたのに、なんだか肌にハリがなく、シワが目立つような気もします。
きちんとメソッドに沿ったダイエットのつもりでしたが、きれいになるはずが、なぜこうなった?。



と思いますよね。お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを優先しようと思います。

何とかして肌のシミを消す方法はいくつかあるのですが、私に一番合ったのはプラセンタを濃縮した美容液を使用することです。肌にすうっと染み込んでいくのがはっきりとわかります。



使用を続けていると目立っていたシミも消えてき立ため、引き続き使用してシミを消しさろうと思います。

秋冬になって乾燥が過酷なため、年齢肌ケア用の化粧水に置き換えました。

やはり年齢肌に特別に合わせた商品ですし、価格帯も高い分期待したどおりの結果を感じます。化粧水のみで肌がもっちりと潤うので、次の乳液なども薄くのばすだけでいい感じです。翌日の肌がピンとして、ファンデも美しくついて大満足なので、今後も使い続けます。

フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 スキンケアでお肌の管理日誌 All Rights Reserved.

ページの先頭へ